採用情報
ニュース・トピックス
国立大学法人 群馬大学
JREC-IN

未来先端研究機構海外ラボラトリー(モンペリエ国立高等化学大学院)ENSCM;École Nationale Supérieure de Chimie de Montpellier)が出来ました

~ラボ紹介~

モンペリエ国立高等化学大学院(ENSCM)の海外ラボラトリーにおいては、ケイ素、炭素、フッ素の元素特性を活用し、エネルギーの変換、保存、効率的活用に関する新規物質ならびに材料の開拓を行う。

 2018年1月より、ENSCMのArmelle Ouali教授をPIとし、Yujia Liu博士を助教とする海外ラボラトリーを設置し、以下に示した研究教育活動を展開する。

  1. 高度に構造が規制されたシルセスキオキサンをリガンドとした新規触媒の開拓(理工学府海野研究室のシルセスキオキサン合成技術を活用)を行う。この触媒により、高選択的反応、高効率反応を実現し、電子材料や電池などのエネルギー関連物質、高耐熱性材料や高屈折材料など、様々な用途で実用可能な化合物の合成を行う。
  2. 極めて反応性の高いケイ素化合物の合成を行う。理工学府の海野研究室、理論化学の工藤研究室と協同し、トリシラベンゼンの合成を試みる。その新しい物性を明らかにすると同時に、この新規化合物を基幹にした新規材料への展開をはかる。
ページの先頭へ戻る