採用情報
ニュース・トピックス
国立大学法人 群馬大学
JREC-IN

インスリンを介した新しい脂肪蓄積機構を発見 (泉教授ら)

未来先端研究機構シグナル伝達プログラムの泉教授のグループは、米国テネシー大学との共同研究により、インスリンと脂肪織マクロファージを介する、新奇の脂肪蓄積機構を解明しました。インスリンは、これまで、脂肪細胞に直接的に作用して、脂肪分解を抑制し、脂肪蓄積を亢進させるが、インスリンが脂肪組織中のマクロファージに作用して、GDF3というたんぱく質を産生させ、このGDF3が脂肪細胞上にある受容体ALK7を活性化する結果、脂肪分解の抑制、脂肪蓄積の亢進が起きることを明らかにしました。このインスリンのマクロファージを介する間接作用は、脂肪細胞への直接作用よりも、効率よく強力に作用することがわかり、この経路を標的とした、肥満に対する新しい対処法、治療法の開発が期待されます。本成果は、米国糖尿病学会の公式誌Diabetesに掲載されました。

 

原著情報

Bu Y, Okunishi K, Yogosawa S, Mizuno K, Irudayam MJ, Brown CW, and Izumi T (2018). Insulin regulates lipolysis and fat mass in adipocytes by upregulating growth/differentiation factor 3 in adipose macrophages. Diabetes. 2018 Jun 26. pii: db171201. doi: 10.2337/db17-1201.

PMID: 29945891

 

Pubmedリンク先

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29945891

原著論文リンク先

http://diabetes.diabetesjournals.org/content/early/2018/06/20/db17-1201

ページの先頭へ戻る