採用情報
未来先端研究機構について
国立大学法人 群馬大学
JREC-IN

未来先端研究機構 最高責任者挨拶

世界が急速に変わっていく今日、大学も時代にあわせて変わっていくことが必要となります。おりしも、文部科学省は、2003年11月に「国立大学改革プラン」を発表し、大学の機能強化の方向性を示しました。その中では、世界水準の教育研究活動の飛躍的充実も求められています。

このような状況において、群馬大学では、本学の強みをさらに発展させる組織として、未来先端研究機構を2014年4月に設置しました。この中では、まず重粒子線治療を核とした統合腫瘍学と、内分泌代謝・シグナル学の二つの分野の充実を図っています。機構には、海外から研究者を招いた研究室も立ち上げ、真にグローバルな環境下での研究推進を図ります。このような取組により世界中で注目されるような成果が出て、真の世界レベル拠点が育つ事を目指しています。

群馬大学長
群馬大学未来先端研究機構最高責任者
平塚 浩士

未来先端研究機構は、世界トップレベルの研究を図るため、群馬大学が既に強みを有する「統合腫瘍学研究部門」と「内分泌代謝・シグナル学研究部門」を設け、部門ごとに親和性の高い3つの研究プログラムと、外国人研究者を招へいする海外ラボラトリーを設けています。機構では、各研究分野における優秀な研究者を国内外から採用するとともに、研究者間の交流を促進するフューチャーセッションを導入しております。

未来先端研究機構は、学長のリーダーシップの下、部局の垣根を越えて設置された組織であり、機動的・戦略的に運営を行う体制をとっています。学長のガバナンスが発揮できるよう、学長が指名する機構統括責任者や理事が委員となる機構運営委員会により、実際の管理・運営を行います。また、グローバルな観点から助言・評価を受けるための機関として、世界トップレベルの研究者を委員とする国際アドバイザリーボードを設置しています。

未来先端研究機構統括責任者
峯岸 敬
ページの先頭へ戻る