HOME
プログラム
国立大学法人 群馬大学
JREC-IN

各プログラム概要

統合腫瘍学研究部門

重粒子線治療研究プログラム

国立大学唯一の重粒子線照射施設を活かした、重イオンマイクロサージェリーによるがん治療の高度化並びに治療対象の拡大のための重粒子線照射技術の研究開発、及び分子標的薬剤等との併用による難治性がんの克服を目指す臨床開発研究を行います。

画像診断研究プログラム

精密画像診断と最小侵襲がん治療を同時に可能とする、診断・治療機能共搭載プローブ(RI標識DDSナノ粒子)の開発と臨床応用研究を行います。

オミックス医学研究プログラム

生活習慣病、がんの創薬及び個別化医療の確立を可能とする、網羅的分子情報(オミックス情報)を基盤とした医療開発研究を行います。

内分泌代謝・シグナル学研究部門

シグナル伝達研究プログラム

これまで群馬大学のCOEおよびグローバルCOEで蓄積した研究成果を活かし、生活習慣病の病態解明と分子標的探索のための、内分泌、代謝、発生の分子機構を解明するシグナル伝達研究を行います。

生活習慣病研究プログラム

生活習慣病の治療法開発を可能とする、内分泌臓器・エネルギー代謝の恒常性維持を担う新規分子の同定とトランスレーショナル研究を行います。

神経シグナル学研究プログラム

神経細胞の恒常性維持機構および、その破綻に起因する神経変性シグナルの解明による難治性神経疾患の治療法開発研究を行います。

海外ラボラトリー

ハーバード大・マサチューセッツ総合病院

カロリンスカ研究所

リエージュ大学

WHO関連共同研究ラボラトリー

ビッグデータ統合解析センター

ビッグデータ統合解析センター

未来先端研究機構の研究部門及び海外ラボラトリー並びに学内組織、地域医療機関等と連携し、生体情報、診療情報、投薬情報、生活情報等を集積して統合的に解析を行い、地域社会に貢献する新たな個別化医療・予防に資する研究手法の開発及び専門人材の養成を行ないます。

ページの先頭へ戻る