採用情報
ラボラトリー
国立大学法人 群馬大学
JREC-IN

ビッグデータ統合解析センター

English

未来先端研究機構の研究部門及び海外ラボラトリー並びに学内組織、地域医療機関等と連携して、生体情報、診療情報、投薬情報、生活情報等を統合的に集積・解析を行い、地域社会に貢献する新たな個別化医療・予防に資する研究手法の開発及び専門人材の養成を行ないます。


浅尾 高行
職名:教授

機構の英知を統合し新たな研究手法を駆使して将来の健康や医療を支えるシステム開発を総合的に推進します。

研究テーマ 

・県内がん登録データを用いたビッグデータ 解析

群馬県と協力してすでに蓄積されている膨大ながん検診とがん登録の情報を統合した解析を行っています。             

・医療機器開発支援プロジェクトにおけるAIを用いた情報ツールの開発

JSTの産学共創プラットホーム共同研究プロジェクト(OPERA [https://www.jst.go.jp/opera/outline.html])の一環として、医療機器開発を支援し開発費の削減や認可を加速するための情報収集・提供ツールのシステム開発を行なっています。医療機器開発にかかわる特許情報や文献、認可申請などの専門家のノウハウをAIを利用して企業が情報を共有できるシステムを目指しています。             

・地域医療を支えるICT画像連携

病院や診療所が参加しやすい安価な定額月額料金で利用可能な画像連携ネットワーク(Medical Anywhere Network)のシステム開発と運営支援を行っています。これまで利用医療機関に負担となっていたサーバー更新にかかる費用やサーバー管理業務をなくすことで補助金に頼ることなく継続可能なICT医療連携を実現しました。また、医師会との共同研究開発として医師資格カード(HPKIカード)の署名機能を利用した診療情報提供書などの情報共有システムの開発も利用者目線で並行して進めています。

・放射線治療効果を増強する薬剤の基礎研究

放射線治療(特に重粒子線治療)の効果を増強して、より少ない照射線量で効果が得られる併用薬剤についての基礎研究を行っています。

・実技習得に利用可能なWeb Learningシステムの開発

技術習得を支援するトレーニングシステムを、専用トレーニング機材とあわせて開発しています。トレーニング内容を受講者が選択して分岐する選択できInteractiveな教材のため受講者個人ごとに最適な内容を提供することができます。各種学会併設トレーニングブースに教材ごと提供しています。 AIを用いて熟練のインストラクターに習うのと同じレベルの技術習得ができる自己学習システムを目指しています。

–  超音波ガイド下CVCトレーニング

–  医療スタッフ対象の超音波ガイド下末梢血管穿刺トレーニング

–  鏡視下手術の基本トレーニング (作成中)

–  外科手術手技基本トレーニング (作成中)

・超音波ガイド下穿刺の安全性を高めるdeviceの実用化

   CVC医療技術のトレーニング法の開発と超音波ガイド下穿刺に特化した超音波装置の開発を行っています(AMEDに採択テーマ)

・医療ビッグデータ構築に向けた医療システム開発

マイナンバーカードを利用した健康・医療情報を集積し解析する手法の研究開発を行なっています。([https://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/suishinkaigo\_iryokaigo\_dai1/siryou5.pdf] )

・Clinical biobank とオミックス解析

医療情報の匿名化システム(Bioprism)を利用して臨床研究担当医の負担を減らし質の高い臨床検体を集積できるClinical biobank を構築し、採血からオミックス解析までを一貫した管理で統合解析を行なっています。これまでに、がん免疫療法の効果を推定できる糖鎖バイオマーカーの開発や、尿・血液・組織などの生体試料中に含まれる水溶性・脂溶性代謝物の網羅的一斉分析法の開発等を進めています。

・医療機器開発

-重粒子線治療用新規スペーサー

治療後に手術しなくても取り出せるスペーサー(腫瘍と正常組織の間に距離を取るための医療器具)を開発しています。

-鏡視下Scopeの先端洗浄器具

Scopeの先端の汚れを10秒で洗浄し鮮明な術野を保つ医療器具を開発し有用性を評価しています。http://www.kashima-electro.com/splashclean/

・医療安全推進のための電子カルテ情報の活用法の開発

病院の情報システム(電子カルテなど)から、医療事故がおこる前兆をスクリーニングし病院のガバナンスを向上させるシステムの開発を行います。

主要業績

論文

国内特許17 件 国際特許5件 意匠登録2件

•Asao T, Oki K, Yoneda M, Tanaka J, Kohno N. ypothalamic-pituitary-adrenal axis activity is associated with the prevalence of chronic kidney disease in diabetic patients. Endocr J. 2016 Feb 29;63(2):119-26

•Yazawa S, Takahashi R, Yokobori T, Sano R, Mogi A, Saniabadi AR, Kuwano H, Asao T. Fucosylated Glycans in α1-Acid Glycoprotein for Monitoring Treatment Outcomes and Prognosis of Cancer Patients. PLoS One. 2016 Jun 13;11(6) ):e0156277.

•Bai T, Yokobori T, Altan B, Ide M, Mochiki E, Yanai M, Kimura A, Kogure N, Yanoma T, Suzuki M, Bao P, Kaira K, Asao T, Katayama A, Handa T, Gombodorj N, Nishiyama M, Oyama T, Ogata K, Kuwano H. High STMN1 level is associated with chemo-resistance and poor prognosis in gastric cancer patients. Br J Cancer. 2017 Mar 23. [Epub ahead of print]

•Ohshima Y, Kaira K, Yamaguchi A, Oriuchi N, Tominaga H, Nagamori S, Kanai Y, Yokobori T, Miyazaki T, Asao T, Tsushima Y, Kuwano H, Ishioka NS. Efficacy of system l amino acid transporter 1 inhibition as a therapeutic target in esophageal squamous cell carcinoma. Cancer Science 2016 Oct;107(10) :1499-1505

•Altan B, Yokobori T, Ide M, Mochiki E, Toyomasu Y, Kogure N, Kimura A, Hara K, Bai T, Bao P, Suzuki M, Ogata K, Asao T, Nishiyama M, Oyama T, Kuwano H. Nuclear PRMT1 expression is associated with poor prognosis and chemosensitivity in gastric cancer patients.  Acta Otolaryngol. 2016;136(1):1-7.

•Takahashi R, Yokobori T, Osone K, Tatsuki H, Takada T, Suto T, Yajima R, Kato T, Fujii T, Tsutsumi S, Kuwano H, Asao T. Establishment of a novel method to evaluate peritoneal microdissemination and therapeutic effect using luciferase assay.  Cancer Sci. 2016 Mar;107(3):341-6

•Shoji H, Motegi M, Osawa K, Okonogi N, Okazaki A, Andou Y, Asao T, Kuwano H, Takahashi T, Ogoshi K.  Output-limiting symptoms induced by radiofrequency hyperthermia. Are they predictable?  Int J Hyperthermia. 2016 Mar;32(2):199-203.

•Suzuki S, Yokobori T, Altan B, Hara K, Ozawa D, Tanaka N, Sakai M, Sano A, Sohda M, Bao H, Fukuchi M, Miyazaki T, Kaira K, Asao T, Kuwano H. High stathmin 1 expression is associated with poor prognosis and chemoradiation resistance in esophageal squamous cell carcinoma.  International Journal of Oncology  2017 Mar.  [Epub ahead of print]

•Honjo H, Kaira K, Miyazaki T, Yokobori T, Kanai Y, Nagamori S, Oyama T, Asao T, Kuwano H. Clinicopathological significance of LAT1 and ASCT2 in patients with surgically resected esophageal squamous cell carcinoma.  journal of Surgical Oncology 2016 Mar; 113(4): 381-9

•Takahashi K, Kaira K, Shimizu A, Sato T, Takahashi N, Ogawa H, Yoshinari D, Yokobori T, Asao T, Takeyoshi I, Oyama T. Clinical significance of β2-adrenergic receptor expression in patients with surgically resected gastric adenocarcinoma.  Tumor Biology 2016 Oct; 37(10): 13885-13892

受賞

•2012 – 2016; Scholarships from “The Program for Cultivating Global Leaders in Heavy Ion Therapeutics and Engineering”, Gunma University.

•2015; Gunma University Graduate School of Medicine, DEAN’S AWARD for an excellent presentation at Seminar for Presentation and Discussion. [The irradiation effects on higher brain function with electromagnetic radiation and particulate radiation], Gunma University.

•2015; Best Poster Presentation Award, “International Society of Radiation Neurobiology 5th Conference, Takasaki, Japan.” [The irradiation effects on higher brain function with low-LET radiation and high LET radiation], Gunma University.

•2015; Granted research from “The Program for Cultivating Global Leaders in Heavy Ion Therapeutics and Engineering”, Gunma University.

•2014; Best Presentation Award “The 2nd International Seminar of the Gunma University Program for Cultivating Global Leaders in Heavy Ion Therapeutic and Engineering”, with the title [Early effects of X-irradiation on learning and synaptic protein], Gunma University.

•2014; Granted research from “The Program for Cultivating Global Leaders in Heavy Ion Therapeutics and Engineering”, Gunma University.

•2013; Granted research from “The Program for Cultivating Global Leaders in Heavy Ion Therapeutics and Engineering”, Gunma University.

 


大日方 英
職名:准教授

研究テーマ

「正常な血管機能の維持において脂質性メディエーターS1Pが担う役割」
一般に“善玉コレステロール”と呼ばれる高密度リポタンパク(HDL)は、血管の細胞から余分なコレステロールを取り除き、肝臓へと輸送する重要な役割を担っている。HDLはさらに血管の炎症を抑制する働きを持つが、この働きに重要なのがHDLに結合して血液中を循環するスフィンゴシン1リン酸(S1P)という生理活性脂質であることが近年の研究で明らかになってきた。HDLに結合したS1Pが血管の細胞に対して抗炎症作用を発揮する分子メカニズム、および正常な量のS1PをHDL上に保持するための分子メカニズムを解析することで、動脈硬化症をはじめとする各種の心血管疾患の予防・治療に活かすことを目的として研究を行う。

「質量分析計を用いた代謝物解析」
質量分析計を用いたプロテオーム・メタボロームの解析技法は生体試料の分析において欠かせないものとなってきている。医学系研究科共同利用機器部門と連携して、血液・尿・組織・培養細胞など生体試料中に含まれる小分子代謝物の解析を行う。

主要業績

論文

• Robust suppression of cardiac energy catabolism with marked accumulation of energy substrates during lipopolysaccharide-induced cardiac dysfunction in mice. Umbarawan Y, Syamsunarno MRAA, Obinata H, Yamaguchi A, Sunaga H, Matsui H, Hishiki T, Matsuura T, Koitabashi N, Obokata M, Hanaoka H, Haque A, Kunimoto F, Tsushima Y, Suematsu M, Kurabayashi M, and Iso T. Metabolism, 77: 47-57, 2017.

• An engineered S1P chaperone attenuates hypertension and ischemic injury. Swendeman SL, Xiong Y, Cantalupo A, Yuan H, Burg N, Hisano Y, Cartier A, Liu CH, Engelbrecht E, Blaho V, Zhang Y, Yanagida K, Galvani S, Obinata H, Salmon JE, Sanchez T, Di Lorenzo A, and Hla T. Sci Signal, 10: eaaal2722, 2017.

• Impaired endothelial barrier function in apolipoprotein M-deficient mice is dependent on sphingosine-1-phosphate receptor 1. Christensen PM, Liu CH, Swendeman SL, Obinata H, Qvortrup K, Nielsen LB, Hla T, Di Lorenzo A, and Christoffersen C. FASEB J, 30: 2351-9, 2016.

• Nogo-B regulates endothelial sphingolipid homeostasis to control vascular function and blood pressure. Cantalupo A, Zhang Y, Kothiya M, Galvani S, Obinata H, Bucci M, Giordano FJ, Jiang XC, Hla T, and Di Lorenzo A. Nat Med, 21: 1028–1037, 2015.

• HDL-bound sphingosine 1-phosphate acts as a biased agonist for the endothelial cell receptor S1P1 to limit vascular inflammation. Galvani S, Sanson M, Blaho VA, Swendeman SL, Obinata H, Conger H, Dahlback B, Kono M, Proia RL, Smith JD, and Hla T. Sci Signal, 8: ra79, 2015.

• Individual variation of human S1P1 coding sequence leads to heterogeneity in receptor function and drug interactions. Obinata H, Gutkind S, Stitham J, Okuno T, Yokomizo T, Hwa J, and Hla T. J Lipid Res, 55: 2665-2675, 2014.

• Flow-regulated endothelial S1P receptor-1 signaling sustains vascular development. Jung B*, Obinata H*, Galvani S, Mendelson K, Ding BS, Skoura A, Kinzel B, Brinkmann V, Rafii S, Evans T, and Hla T. (*equal contribution) Dev Cell, 23: 600-610, 2012.

• Sphingosine 1-phosphate in coagulation and inflammation (review). Obinata H and Hla T. Semin Immunopathol, 34: 73-91, 2012.

• Endothelium-protective sphingosine-1-phosphate provided by HDL-associated apolipoprotein M. Christoffersen C*, Obinata H*, Kumaraswamy SB, Galvani S, Ahnström J, Sevvana M, Egerer-Sieber C, Muller YA, Hla T, Nielsen LB, and Björn D. (*equal contribution) Proc Natl Acad Sci USA, 108: 9613-9618, 2011.

日本語総説

• 大日方英, Timothy Hla. スフィンゴシン1リン酸シグナルと血管医学, 血管医学 特集機能性脂質・脂肪酸の多彩な生理活性と病態形成(企画: 有田誠), 17: 19-28, 2016.

• 大日方英, Timothy Hla. スフィンゴシン1リン酸受容体, 遺伝子医学MOOK 最新生理活性脂質研究 -実験手法、基礎的知識とその応用-(監修: 横溝岳彦), pp180-186, 2013.

• 大日方英, Timothy Hla. スフィンゴシン1リン酸の心血管系および免疫系における役割, 実験医学増刊 分子から個体へと深化する脂質生物学(編集: 佐々木雄彦,横溝岳彦,竹縄忠臣), 28: 3426-3432, 2010.


井手野 由季
職名:助教

研究テーマ

以下の大規模疫学研究において、データセンターとして、データの管理および解析を行っている。

①日本ナースヘルス研究(JNHS)

②本邦における子宮内膜症の癌化の頻度と予防に関する疫学研究(JEMS)

③本邦における婦人科術後患者の予後に関する疫学研究(JPOPS)

 ①は女性における生活習慣と疾患との関係を、②③では婦人科疾患の術後の予後を、前向きに調査しているコホート研究である。現在①においては、「ライフスタイルパターン」と勤労女性の特性」や「身体活動調査項目の妥当性の検討」「腰痛・膝痛の実態および予防に関する調査」などを実施している。また、尿などの生体試料におけるイソフラボン濃度やホルモンレベルの解析も行っており、疾患発生との関連や予防効果の探索も行う予定である。

主要業績

論文

1 . Ideno Y, Hayashi K, Abe Y, Uedad K, Iso H, Noda M, Lee JS, Suzuki S. Blood pressure-lowering effect of shinrin-yoku (forest bathing): a systematic review and meta-analysis. BMC Complementary and Alternative Medicine (in press).

2 . Alkebsi L, Ideno Y, Lee JS, Suzuki S, Nakajima-Shimada J, Ohnishi H, Sato Y, Hayashi K. Gastroduodenal ulcers and ABO blood group: the Japan Nurses’ Health Study. Journal of Epidemiology (in press).

3 . Matsumoto H, Hagino H, Hayashi K, Ideno Y, Wada T, Ogata T, Akai M, Seichi A, Iwaya T. The effect of balneotherapy on pain relief, stiffness, and physical function in patients with osteoarthritis of the knee: a meta-analysis. Clin Rheumatol 36(8): 1839-1847, 2017.

4 . Tanabe Y, Hayashi K, Ideno Y. The Internalized Stigma of Mental Illness (ISMI) scale: validation of the Japanese version. BMC Psychiatry 29; 16:116, 2016.

学会発表

1 . Hayashi K, Yasui T, Lee JS, Ideno Y, Kubota T, Mizunuma H. Reduced cognitive functioning during the perimenopausal period. 6th Scientific Meeting of the Asia Pacific Menopause Federation, Singapore, 2017. (symposium)

2 . Chen AZ, Hayashi K, Ideno Y, Lee JS, Suzuki S. Latent lifestyle classes among working women in Japan: An analysis of lifestyle behaviors from the Japan Nurses’ Health Study, 2001-2007. 48th Asian-Pacific Consortium for Public Health, Tokyo, 2016. (poster presentation)

ページの先頭へ戻る