採用情報
ラボラトリー
国立大学法人 群馬大学
JREC-IN

内分泌代謝・シグナル学

シグナル伝達研究プログラム

English
泉 哲郎泉 哲郎 プログラムディレクター
職名:教授
○研究室:遺伝生化学分野 泉研究室
○関連サイト:
・遺伝生化学分野 泉教室
 http://molend.showa.gunma-u.ac.jp/index.php

これまで群馬大学のCOEおよびグローバルCOEで蓄積した研究成果を活かし、生活習慣病の病態解明と分子標的探索のための、内分泌、代謝、発生の分子機構を解明するシグナル伝達研究を行います。

高稲 正勝
職名:助教

研究テーマ

・ 細胞内ポリリン酸によるストレス応答機構の解明

・ イノシトールピロリン酸が関与する細胞内シグナル伝達機構の解明

・ タンパク質のポリリン酸化やピロリン酸化が関与する細胞内シグナル伝達機構の解明

・ 配偶子形成時におけるミトコンドリアの活性制御および継承機構の解明

主要業績

論文

 Takaine M, Numata O, Nakano K. An actin-myosin-II interaction is involved in maintaining the contractile ring in fission yeast. Journal of Cell Science, 128: 2903-2918, 2015.

Takaine M, Imada K, Numata O, Nakamura T, Nakano K. The meiosis-specific nuclear passenger protein is required for proper assembly of forespore membrane in fission yeast. Journal of Cell Science, 127: 4429-4442, 2014.

Takaine M, Numata O, Nakano K. Fission yeast IQGAP maintains F-actin-independent localization of myosin-II in the contractile ring. Genes to Cells, 19: 161-176, 2014

Takaine M, Numata O, Nakano K. Fission yeast IQGAP arranges actin filaments into the cytokinetic contractile ring. The EMBO Journal, 28: 3117-3131, 2009


宮崎 光江
職名:研究員

研究テーマ

酵母を用いて代謝調節機構の研究を行っています。

ページの先頭へ戻る