採用情報
ニュース・トピックス
国立大学法人 群馬大学
JREC-IN

採用情報

国立大学法人群馬大学 未来先端研究機構教員公募要項

教員公募要項(海外ラボラトリー カロリンスカ研究所 助教)

※公募終了しました

1.募集内容 職名・人員  助教1名
所  属   未来先端研究機構海外ラボラトリー(カロリンスカ研究所)
2.任期 平成27年12月1日から平成32年3月31日
(任期中に業績評価・審査を実施し適格となった者は,採用日から10年を限度として教員として任期を更新します。)
3.組織概要 研究概要
健康とは?私たちが最善の努力をしても、生命科学は明確な定義を示すことができていない。健康が、単純に「病気でない」状態以上であることは明確である。しかし、伝統的な生体科学は、病状に至る経過やメカニズムの解明に焦点をあて、私たちが健康を保てるプロセスについては重きを置いてこなかった。「健康」の基準や定義を確立することなくして、病気・環境・治療法などから誘発される健康からの逸脱を理解することは不可能である。そのために、本プロジェクトは、“健康”をプロファイルするべく、メタボロミクスを基礎とした分子表現解析を、大規模なコホート研究によって行う予定である。
まず、日本ナースヘルス研究(JNHS)のコホートに取り組むことを計画中である。この研究は、群馬大学で1999年に始まり、2001~2007年のベースライン調査(参加看護師49,927人)と、2003~2017年のフォローアップ調査(参加看護師15,019人)を基本としている。複数の生体液(血液、尿、唾液など)は、JNHSから入手予定である。
採用者は、メタボロミクスを基礎に優れた分子表現解析を行う高分解質量分析機器(HRMS)を使うチームの一員となる。得られた解析情報は、代謝曲線と健康の関連性を特定するために、患者のメタデータと統合を行う予定だが、これには、質量分析と多変量統計解析における十分な経験が必要となる。
大規模かつ特徴あるコホート、長期的な研究経費、最先端の研究機器を提供する本プロジェクトは、健康のあるべき姿を探索し、人間のホメオダイナミクス代謝図を作成するための今までにない機会である。私たちの目標は、健康の定量化と病気や環境ストレスに起因する逸脱についての定量化を行うことである。

4.職務内容 (1) メタボロミクス・化学的分析に関する研究開発
(2) 国内・国外の研究者の交流基盤を作ること
(3) 群馬大学医学系研究科及び他の学部の学部生及び大学院生に対する教育に携わることがある。

研究環境
群馬大学未来先端研究機構(Gunma University Initiative for Advanced Research 以下「GIAR」)とカロリンスカ研究所(Karolinska Institutet 以下「KI」)が、群馬大学に分子表現研究グループを作るにあたり、新たに研究者を採用します。採用者にはクレイグ・ウィーロック准教授(KI)と和泉孝志教授(GIAR)の指導のもとに展開する共同研究に参加していただきます。採用者は、最高水準の質量分析機複数台と、新たに改装した実験機器を使うことができます。また、採用者は群馬大学が雇用しますが、群馬大学で1~3か月研修後、ストックホルムにあるカロリンスカ研究所に最長12か月間派遣される予定です。採用者は、KIとGIAR間での研究者交流を含め、双方の研究者達と密に交流を図ることが期待されます。
【所在地】GIAR:群馬県前橋市昭和町3-39-22
      KI:Scheeles väg 2, SE-171 77 Stockholm, スウェーデン
5.待遇 本学教職員就業規則に基づく
6.応募資格等 ・質量分析またはバイオ分析化学分野で博士号を取得していること。
・小分子質量分析や生体試料準備の経験があること。
・優れたコミュニケーション能力、ラボや他の共同研究者との社会的科学的共同能力があること。
・メタボロミクスを基礎としたLC-MSを使った経験があると望ましい。
・大規模な臨床研究の経験があると望ましい。
・データ収集、分析プロトコル、関連ソフトウェア利用に対する経験があると望ましい。
・ソフトウェア(例:R,Matlab)や多変量統計(例:SIMCA)の経験があると望ましい。
・過去にポスドク経験や優れた論文発表経験があると望ましい。
・日本での研究環境を知っていると望ましい。
・研究室での共通言語は英語だが、日本に数年間滞在することを考えると、日本語に対して基礎知識や興味を持っていると望ましい。
7.応募期限 平成27年10月15日(木) 日本時間17:00 必着
8.選考 (1) 書類選考(一次選考)
(2) 一次選考合格者には、スカイプで面接(二次選考)を行います。
また、必要に応じて、群大でセミナーを行っていただきます。
9.採用予定日 平成27年12月1日
10.応募書類 (1)教員個人調書(群大様式1)
(2)業績目録(群大様式2)
(3)主要論文別刷3編以内(コピー可)
(4)これまでの研究概要及びビッグデータ統合解析センターの研究・教育に関する抱負
(5)推薦書(様式任意)又は応募者の教育・研究業績について照会が可能な者のリスト(2名以内。氏名と連絡先)
群大様式1・2は、下記URLで入手してください。
http://www.giar.gunma-u.ac.jp/blog/2015/07/09/661/
11.書類送付先 メールで応募
群馬大学未来先端研究機構
メールアドレス miraisentan#@#jimu.gunma-u.ac.jp
(※「#@#」を「@」に置き換えてください。)
12.問合せ先 【カロリンスカ研究所側】
http://www.metabolomics.se/, http://ki.se/en/startpage
メールアドレス craig.wheelock#@#metabolomics.se
【群馬大学側】
国立大学法人群馬大学 研究推進部研究推進課 未来先端研究支援係
電 話 027-220-8116/8112
FAX 027-220-8114
メールアドレス miraisentan#@#jimu.gunma-u.ac.jp
URL: http://www.gunma-u.ac.jp/ http://www.giar.gunma-u.ac.jp/english/
(※「#@#」を「@」に置き換えてください。)
13.その他 待遇
給与:年俸制
業績給:研究業績によって支給
住宅手当:月額上限27,000円
その他:社会保障(健康保険、年金、労働保険加入)

※群馬大学は男女共同参画を推進しており,業績(研究業績,教育業績,社会的貢献等)及び人物の評価において同等と認められた場合には,積極的に女性を採用します。
14.応募書類様式
ページの先頭へ戻る