採用情報
ニュース・トピックス
国立大学法人 群馬大学
JREC-IN

第3回群馬大学未来先端研究機構国際シンポジウムを開催

群馬大学未来先端研究機構では,10月25日に「多様性と深化(Diversity and Deepening)」をテーマとする国際シンポジウムを,昭和キャンパス刀城会館で開催した。

シンポジウムは,平塚浩士学長の開会挨拶の後,国内外から招聘した講演者の他,機構の研究者による講演が行われた。講演の内容は,機構の多様性を反映し,多岐にわたるものとなった。各講演後の質疑応答でも活発な意見が交わされ,研究分野を超えたネットワーク拡大や融合研究を加速する良い議論の場となった。その後,特別講演として,宇宙線の被爆によるがん発生のリスクに関する研究で世界的に著名な,コロラド州立大学のマイケル・ワイル教授による講演が行われ,講演後の質疑応答では,参加者からの熱心な質問が飛び交った。最後に,和泉孝志研究担当理事の閉会挨拶があり,盛会の内に終了した。

未来先端研究機構は,群馬大学が強みを持つ統合腫瘍学や内分泌代謝・シグナル学などの研究分野において世界水準の研究力を強化することを目的とし,先端的な研究組織として平成26年4月に設置され,国内外から集結した研究者のもと,革新的な研究を実施している。今回のシンポジウムには,学内外から80名を超える教職員や学生が参加し,創設から3年目を迎えた当機構の多様性及び先進性を紹介するよい機会となった。

 

会場からの質問に回答するコロラド州立大学・ワイル教授

招待講演者及び機構教員による記念写真

 

ページの先頭へ戻る