採用情報
ニュース・トピックス
国立大学法人 群馬大学
JREC-IN

採用情報

国立大学法人群馬大学 未来先端研究機構教員公募要項

教員公募要項(未来先端研究機構海外ラボラトリー(ハーバード大・マサチューセッツ総合病院)助教)

公募終了しました

1.募集内容 職名・人員  助教1名
所   属   未来先端研究機海外ラボラトリー(ハーバード大・マサチューセッツ総合病院)
勤 務 地   群馬大学昭和キャンパス(群馬県前橋市昭和町3-39-22) 
2.任期 令和元年10月1日から令和6年9月30日
(任期中に業績評価・審査を実施し適格となった者は,採用日から10年を限度として教員として任期を更新します。)
3.組織概要 未来先端研究機構は,本学が強みとする先端研究分野の研究を推進することを目的として,国内外の研究者を招へいした研究拠点を構築するため平成26年度に創設された組織である。本組織のもとに設置された海外ラボラトリー(ハーバード大・マサチューセッツ総合病院)は、Dr.Held(MGH)の指導のもと,放射線生物学(特に重粒子線の生物学的効果,放射線誘導バイスタンダー効果)の研究を行っている。
4.職務内容 未来先端研究機構において,次に掲げる業務を中心的に行う助教の職。
(1)放射線効果,特に神経及び神経関連細胞への効果に重点を置いた分子細胞生物学研究
(2)大学院,学部,教養課程などの教育に携わることがある。
5.待遇 本学教職員就業規則等に基づく。健康保険,年金,労働保険加入。
6.応募資格等 次の要件をすべて満たす者
(1)博士の学位を有する者(博士号取得後5年以内が望ましい)。
(2)生化学分析手法,哺乳類細胞培養に精通していることが望ましい。
(3)放射線生物学及び(または)神経科学分野の経験があることが望ましい。
(4)上記職務内容に関連して,特に優れた知識及び経験を有する者。
(5)英語によるコミュニケーションに支障がない。
7.応募期限 令和元年7月19日(金)※応募書類は届き次第,審査を行い,適格者がいた場合は、随時面接を行います。
8.選考 (1)書類審査(一次選考)を行います。
(2)必要に応じて一次選考通過者に対し,面接・プレゼンテーションを行います。
※面接・プレゼンテーション等の詳細については,後日連絡します。
9.採用予定日 令和元年10月1日
10.応募書類 (1)教員個人調書(群大様式1)
(2)業績目録(群大様式2)
(3)主要論文別刷3編以内(コピー可)
(4)これまでの研究概要及び今後の研究に関する抱負(A4用紙1枚程度)
(5)推薦書(様式任意)又は応募者の教育・研究業績について照会が可能な者のリスト(2名以内。氏名と連絡先)

様式は,下記URLで入手してください。
http://www.giar.gunma-u.ac.jp/en/2015/07/10/application-forms/

※提出していただいた書類は,採用審査にのみ使用します。正当な理由なく第三者へ開示,譲渡及び貸与することは一切ありません。なお,応募書類は原則として返却しませんので,予めご了承願います。
11.書類送付先 国立大学法人群馬大学 研究推進部研究推進課 未来先端研究支援係
メールアドレス kk-kensui4#@#jimu.gunma-u.ac.jp
(※「#@#」を「@」に置き換えてください。)
12.問合せ先 国立大学法人群馬大学 研究推進部研究推進課 未来先端研究支援係
電 話 027-220-8116/8028
FAX 027-220-8114
メールアドレス  kk-kensui4#@#jimu.gunma-u.ac.jp
(※「#@#」を「@」に置き換えてください。)
URL: http://www.giar.gunma-u.ac.jp/
13.その他 群馬大学未来先端研究機構は,研究教育において男女共同参画を推進しております。業績(研究業績,教育業績,社会的貢献等)及び人物の評価において同等と認められた場合には,積極的に女性を採用します。
14.応募書類様式 様式のダウンロードはこちら
ページの先頭へ戻る