採用情報
ニュース・トピックス
国立大学法人 群馬大学
JREC-IN

プレシジョン放射線治療の実現を目指した研究成果(柴田研究室の共同研究成果)

内分泌代謝・シグナル学研究部門の柴田淳史准教授が、腫瘍放射線学講座の重粒子リーディングプログラム大学院生・穴倉麻衣医師、尾池貴洋講師を中心とした国際研究チームと共同で、非小細胞性肺がんのプレシジョン放射線治療の実現を目指した研究成果をInternational Journal of Molecular Sciences誌に発表しました。

原著情報;International Journal of Molecular Sciences (IF: 4.183)
雑誌名
Radiosensitivity Differences between EGFR Mutant and Wild-Type Lung Cancer Cells are Larger at Lower Doses

Mai Anakura 1,†, Ankita Nachankar 1,†, Daijiro Kobayashi 1, Napapat Amornwichet 2, Yuka Hirota 1, Atsushi Shibata 3, Takahiro Oike 1*, and Takashi Nakano 1

1Department of Radiation Oncology, Gunma University Graduate School of Medicine, Maebashi 371-8511, Japan
2Division of Radiation Oncology, Department of Radiology, Faculty of Medicine, Chulalongkorn University, Bangkok 10330, Thailand
3Gunma University Initiative for Advanced Research (GIAR), Gunma University, Maebashi 371-8511, Japan

https://www.mdpi.com/1422-0067/20/15/3635

ページの先頭へ戻る