採用情報
ニュース・トピックス
国立大学法人 群馬大学
JREC-IN

放射線生存率試験clonogenic assayに関する堅牢性評価の研究成果を発表(柴田研究室の共同研究成果)

 

内分泌代謝・シグナル学研究部門の柴田淳史准教授が、腫瘍放射線学講座の重粒子リーディングプログラム大学院生・松井利晃医師、尾池貴洋講師を中心とした国際研究チームと共同し、その研究成果をInternational Journal of Molecular Sciences誌に発表しました。本研究では、6000報を超える論文をスクリーニングすることで、clonogenic assayの試験間比較に関する堅牢性を評価しました。放射線治療のプレシジョン化に向けた重要な知見となる研究です。

原著情報

雑誌名:International Journal of Molecular Sciences (IF: 4.183)

タイトル:Robustness of Clonogenic Assays as a Biomarker for Cancer Cell Radiosensitivity

Toshiaki Matsui1,†, Endang Nuryadi1,2,†, Shuichiro Komatsu1, Yuka Hirota1 , Atsushi Shibata3, Takahiro Oike1,4,* and Takashi Nakano1

1Department of Radiation Oncology, Gunma University Graduate School of Medicine, Maebashi, 371-8511, Japan

2Department of Radiotherapy, Dr. Cipto Mangunkusumo National General Hospital, Faculty of Medicine Universitas Indonesia, Jakarta, 10430, Indonesia

3Gunma University Initiative for Advanced Research (GIAR), Gunma University, Maebashi, 371-8511, Japan

4Gunma University Heavy Ion Medical Center, Maebashi, 371-8511, Japan

* Correspondence: oiketakahiro@gmail.com; Tel.: +81-27-220-8383

†These authors contributed equally to this work

https://www.mdpi.com/1422-0067/20/17/4148

ページの先頭へ戻る