採用情報
ニュース・トピックス
国立大学法人 群馬大学
JREC-IN

がん抑制遺伝子p53がDNA損傷後の核小体構造安定化に貢献することを明らかにしました

(柴田研究室)

内分泌代謝・シグナル学研究部門の柴田淳史准教授を中心とした国際共同研究チームは、がん抑制遺伝子p53がDNA損傷後の核小体構造安定化に貢献することを明らかにしました。

核小体はタンパク質合成に必要なribosomal RNAを転写する重要なDNA領域です。しかしながら、DNA損傷に対して核小体がどのように安定に保たれているか、今までほとんど明らかにされてきませんでした。柴田淳史准教授らの研究により、がん抑制遺伝子であるp53がDNA損傷後の核小体構造を安定に保つ働きを持つことが明らかになりました。本研究成果は、Oncology Reports誌に掲載されました。

 

原著情報:

雑誌名Oncology Reports (IF: 3.041)

タイトル p53 deficiency augments nucleolus instability after ionizing irradiation

 

Sangeeta Kakoti1,2, Motohiro Yamauchi3, Wenchao Gu1, Reona Kato4, Takaaki Yasuhara4, Yoshihiko Hagiwara2, Siddhartha Laskar5, Takahiro Oike2, Hiro Sato2, Kathryn D. Held6,7, Takashi Nakano2 and Atsushi Shibata1*

*Corresponding author

 

1Gunma University Initiative for Advanced Research (GIAR), Maebashi, Gunma 371-8511, Japan

2Department of Radiation Oncology, Gunma University, Maebashi, Gunma 371-8511, Japan

3Department of Radiation Biology and Protection, Atomic Bomb Disease Institute, Nagasaki University, Nagasaki 852-8523, Japan

4Laboratory of Molecular Radiology, Center for Disease Biology and Integrative Medicine, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo, Bunkyo-ku, Tokyo 113-8655, Japan

5Department of Radiation Oncology, Tata Memorial Hospital, Mumbai 400012, India

6Department of Radiation Oncology, Massachusetts General Hospital/Harvard Medical School, Boston, MA 02114, USA

7International Open Laboratory, Gunma University Initiative for Advanced Research (GIAR), Maebashi, Gunma 371-8511, Japan

 

https://www.spandidos-publications.com/10.3892/or.2019.7341

ページの先頭へ戻る