採用情報
ニュース・トピックス
国立大学法人 群馬大学
JREC-IN

重粒子線によって誘発されるDNA切断に対する修復過程においてユビキチンリガーゼRNF8が重要な役割を果たすことを発見

(柴田研究室)

内分泌代謝・シグナル学研究部門の柴田淳史准教授が、放射線医学総合研究所の中島菜花子研究員を中心とした国際研究チームと共同で、重粒子線照射後に引き起こされるDNA修復の仕組みについての研究成果を発表しました。本研究では、重粒子線特有の複雑なDNA切断が生じた場合、ユビキチンリガーゼであるRNF8がその修復に重要な役割を果たすことを発見しました。また、放射線抵抗性を示す非増殖期(静止期G0/G1)のがん細胞に対して、RNF8の活性を阻害すると、重粒子線によるがん細胞殺傷効果が高まることを見出しました。本研究内容は、DNA修復研究に関する国際的専門誌であるDNA Repair誌に掲載されています。

 

原著情報:

雑誌名DNA Repair (IF: 3.711)

タイトル RNF8 promotes high linear energy transfer carbon-ion-induced DNA double-stranded break repair in serum-starved human cells

 

Nakako Izumi Nakajimaa*, Motohiro Yamauchib, Sangeeta Kakotic, Liu Cuihuaa, Reona Katod, Tiara Bunga Mayang Permatae, Moito Iijimaf, Hirohiko Yajimaa, Takaaki Yasuharad, Shigeru Yamadaa, Sumitaka Hasegawaa, Atsushi Shibatac*

 

aNational Institute of Radiological Sciences, National Institutes for Quantum and Radiological Science and Technology, Chiba, 263-8555, Japan

bDepartment of Radiation Biology and Protection, Atomic Bomb Disease Institute, Nagasaki University, Nagasaki, 852-8523, Japan

cGunma University Initiative for Advanced Research (GIAR), Gunma University, Maebashi, Gunma, 371-8511, Japan

dLaboratory of Molecular Radiology, Center for Disease Biology and Integrative Medicine, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo, Bunkyo-ku, Tokyo, Japan

eDepartment of Radiation Oncology, Faculty of Medicine Universitas Indonesia – Dr. Cipto Mangunkusumo Hospital, Jakarta, 10430, Indonesia

fDepartment of Obstetrics and Gynecology, Keio University School of Medicine, Tokyo, 160-8582, Japan

*責任著者

 

出版先リンク:

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S1568786420301208

 

 

ページの先頭へ戻る