採用情報
ニュース・トピックス
国立大学法人 群馬大学
JREC-IN

超高解像イメージング解析を使ってDNA損傷後に肥大するゴルジ体の3次元構造を定量的に解析(柴田研究室の研究成果)

内分泌代謝・シグナル学研究部門の柴田淳史准教授および内原脩貴博士研究員が、群馬大学・腫瘍放射線科・大野達也教授および尾池貴洋講師を中心に、インドネシア大学らと共同研究を行い、DNA損傷後に肥大するゴルジ体の3次元定量的解析を、未来先端研究機構が所有する超高解像度蛍光顕微鏡OMXを用いて解析しました。DNA損傷後に惹起されるゴルジ体肥大化の謎に迫る研究成果です。

 

原著情報:

雑誌名 Medical Molecular Morphology (IF: 2.429)

 

タイトル Quantitative volumetric analysis of the Golgi apparatus following X-ray irradiation by super-resolution 3D-SIM microscopy

Takahiro Oike1,2, Yuki Uchihara3, Tiara Bunga Mayang Permata4, Soehartati Gondhowiardjo4,Tatsuya Ohno1,2, Atsushi Shibata3

 

1 Department of Radiation Oncology, Gunma University, Graduate School of Medicine, 3‑39‑22, Showa‑machi, Maebashi, Gunma 371‑8511, Japan

2 Gunma University Heavy Ion Medical Center, 3‑39‑22, Showa‑machi, Maebashi, Gunma 371‑8511, Japan

3 Signal Transduction Program, Gunma University Initiative for Advanced Research (GIAR), 3‑39‑22, Showa‑machi, Maebashi, Gunma 371‑8511, Japan

4 Department of Radiation Oncology, Faculty of Medicine Universitas Indonesia-Dr. Cipto Mangunkusumo Hospital, Jl. P. Diponegoro No. 71, Jakarta 10430, Indonesia

 

出版先リンク:

https://link.springer.com/article/10.1007/s00795-020-00277-z

ページの先頭へ戻る