採用情報
ニュース・トピックス
国立大学法人 群馬大学
JREC-IN

DNA損傷応答によって制御される免疫応答についての総説を発表(柴田研究室の研究成果)

内分泌代謝・シグナル学研究部門の柴田淳史准教授と内原脩貴博士が中心となり、DNA損傷応答によって制御される免疫応答についての最新の知見をまとめた総説を執筆しました。世界を代表するDNA修復の専門誌であるDNA Repair誌で企画された「The Special Issue on Cutting Edge Perspectives in Genome Maintenance VIII」において、編集長のJeggo教授から招待を受けて執筆しています。DNA損傷応答と免疫シグナルに関する最新の研究について簡潔かつ分かりやすくまとめていますので、これから当該分野を研究したい方などにオススメな内容になっています。

 

原著情報:

雑誌名 DNA Repair (IF: 3.339)

タイトル Modulation of immune responses by DNA damage signaling

Yuki Uchihara1, Tiara Bunga Mayang Permata2, Hiro Sato3, and Atsushi Shibata4*

1Signal Transduction Program, Gunma University Initiative for Advanced Research (GIAR), Gunma University, Gunma, Japan.

2Department of Radiation Oncology, Faculty of Medicine Universitas Indonesia, Dr. Cipto Mangunkusumo Hospital, Jakarta, 10430, Indonesia.

3Department of Radiation Oncology, Gunma University, Gunma, Japan.

4Signal Transduction Program, Gunma University Initiative for Advanced Research (GIAR), Gunma University, Gunma, Japan.

 

出版先リンク:

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1568786421000914?via%3Dihub

ページの先頭へ戻る