採用情報
国立大学法人 群馬大学
JREC-IN

アデノ随伴ウイルスベクターを迅速に作製する手法を開発

ウイルスベクター開発研究センター 平井 教授と医学系研究科 今野 講師は、血液脳関門透過型のアデノ随伴ウイルス(AAV)ベクターであるAAV-PHP.eBを迅速かつ簡便に作製する手法を開発いたしました。

本研究成果により、多くの研究者が気軽にAAV-PHP.eBを利用できることになるため、遺伝子治療研究や脳神経科学の基礎研究がさらに加速することが期待されます。

詳細は、こちら をご覧ください。

本研究は、日本学術振興会(JSPS)科学研究費補助金 基盤研究(C)および日本医療研究開発機構(AMED)革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクトの助成を受け、かつ、学内支援として重点プロジェクトに選定され、研究費及び研究環境向上支援を受けて、行われています。

 

なお、ウイルスベクター開発研究センターは、これまでの15年以上にわたるウイルスベクター研究を土台とし、世界最先端のベクターツール開発と供給を行う研究拠点の構築を目指して、2019年10月に未来先端研究機構に設置されました。

ウイルスベクター開発研究センターのサイトは、こちらです。

ページの先頭へ戻る