採用情報
ラボラトリー
【統合腫瘍学研究部門】
【内分泌代謝・シグナル学研究部門】
【元素科学研究部門】
【海外ラボラトリー】
国立大学法人 群馬大学
JREC-IN

内分泌代謝・シグナル学研究部門

柴田研究室

柴田 淳史柴田 淳史
職名:准教授
○関連サイト: 
・柴田研究室オリジナルHP http://shibatalab.com/
・Researchmap   https://researchmap.jp/SHIBATALAB
・Google Scholar https://scholar.google.co.jp/citations?user=cM4dRzEAAAAJ&hl=ja

研究テーマ

1.DNA修復経路の選択性に関わる研究
2.がん免疫治療に繋がるDNA修復応答性シグナル伝達機構の研究
3.超高解像度顕微鏡によるDNA損傷とクロマチン構造の可視化

キーワード

1.DNA修復、DNA二本鎖切断、DNA修復経路選択性、転写共役修復、突然変異、DNA修復操作薬開発
2.蛍光イメージング解析、超高解像度蛍光顕微鏡、3D-SIM、AI画像解析
3.抗PD-1治療、PD-L1発現調節、がん治療前予測、放射線治療、重粒子線治療、化学療法剤、低酸素

柴田研究室では人体の様々な場面で発生するあらゆるDNA損傷について、それらがどのように修復されるかを統合的に理解することを目標としています。さらに、DNA修復反応をmanipulation(操作)し、様々な医療の場面に応用することを目指しています。生命現象としてのDNA修復の解明が、がん治療を含めた様々な医療における応用に繋がることを信じて、私たちは日々研究に励んでいます。

主要業績

論文

(全論文はこちらになります。http://shibatalab.com/publication

~2019~

Tiara Bunga Mayang Permata, Yoshihiko Hagiwara, Hiro Sato, Takaaki Yasuhara, Takahiro Oike, Soehartati Gondhowiardjo, Kathryn D. Held, Takashi Nakano & Atsushi Shibata*.
Base excision repair regulates PD-L1 expression in cancer cells.
Oncogene, 10.1038/s41388-019-0733-6, 2019.
*Corresponding author

~2018~

Takaaki Yasuhara#*, Reona Kato#, Yoshihiko Hagiwara, Bunsyo Shiotani, Motohiro Yamauchi, Shinichiro Nakada, Atsushi Shibata* and Kiyoshi Miyagawa*.
Human Rad52 Promotes XPG-Mediated R-loop Processing to Initiate Transcription-Associated Homologous Recombination Repair.
Cell, 175 (2):558-570, 2018. (引用回数 7 2019年現在)
*Co-corresponding author

~2017~

Hiro Sato, Atsuko Niimi, Takaaki Yasuhara, Tiara Bunga Mayang Permata, Yoshihiko Hagiwara, Mayu Isono, Endang Nuryadi, Ryota Sekine, Takahiro Oike, Sangeeta Kakoti, Yuya Yoshimoto, Kathryn D. Held, Yoshiyuki Suzuki, Koji Kono, Kiyoshi Miyagawa, Takashi Nakano and Atsushi Shibata*.
DNA double-strand break repair pathway regulates PD-L1 expression in cancer cells
Nature Communications, 8(1):1751, 2017. (引用回数 35 2019年現在)
*Corresponding author

Mayu Isono, Atsuko Niimi, Takahiro Oike, Yoshihiko Hagiwara, Hiro Sato, Ryota Sekine, Yukari Yoshida, Shin-Ya Isobe, Chikashi Obuse, Ryotaro Nishi, Elena Petricci, Shinichiro Nakada, Takashi Nakano and Atsushi Shibata*. BRCA1 directs the repair pathway to homologous recombination by promoting 53BP1 dephosphorylation. Cell Reports, 18(2):520-532, 2017. (引用回数 32 2019年現在) *Corresponding author

Ronja Biehs, Monika Steinlage, Olivia Barton, Szilvia Juhasz, Julia Kunzel, Julian Spies, Atsushi Shibata*, Penny Jeggo* and Markus Lobrich*. DNA Double-Strand Break Resection Occurs during Non-homologous End Joining in G1 but Is Distinct from Resection during Homologous Recombination. Molecular Cell, S1097-2765(16)30854-1, 2017. (引用回数 65 2019年現在) *Co-corresponding authors

~2014~

Atsushi Shibata, Davide Moiani, Andrew S. Arvai, Jefferson Perry, Shane M. Harding, Marie-Michelle Genois, Ranjan Maity, Sari van Rossum-Fikkert, Aryandi Kertokalio, Filippo Romoli, Amani Ismail, Ermal Ismalaj, Elena Petricci, Matthew J. Neale, Robert G. Bristow, Jean-Yves Masson, Claire Wyman, Penny A. Jeggo, John A. Tainer. DNA Double Strand Break Repair Pathway Choice Is Directed by Distinct MRE11 Nuclease Activities. Molecular Cell, 53 (1), 7-18, 2014. (引用回数 260 2019年現在)

~2011~

Atsushi Shibata, Sandro Conrad, Julie Birraux, Verena Geuting, Olivia Barton, Amani Ismail, Andreas Kakarougkas, Katheryn Meek, Gisela Taucher-Scholz, Markus Löbrich and Penny A Jeggo. Factors determining DNA double-strand break repair pathway choice in G2 phase. EMBO J, 30(6):1079-92, 2011. (引用回数 340 2019年現在)

受賞

2020年 放射線影響協会 研究奨励賞
2017年 放射線影響協会 研究奨励賞
2017年 日本放射線影響学会第60回大会 優秀演題発表賞
2017年 第24回 DNA複製・組換え・修復ワークショップ 若手発表賞
2012年 Joint British Association for Cancer Research-Gray Institute Poster prize
2010年 The AACR 101st Annual Meeting Highly rated poster presentations 

 


顔写真内原 脩貴
職名:研究員
○関連サイト: 
・Researchmap   https://researchmap.jp/yuchihara 
・Google Scholar https://scholar.google.co.jp/citations?user=yLcLc1UAAAAJ&hl=ja

研究テーマ

1.53BP1による正確なDNA修復規定機構の解明
2.DNA損傷シグナル依存的な免疫応答制御の解明

主要業績

論文

(1) 学術雑誌等(紀要・論文集等も含む)に発表した論文、著書

~2019~

Yuki Uchihara, Reiko Komori, Kenji Tago, Hiroomi Tamura, Megumi Funakoshi-Tago.
Methotrexate significantly induces apoptosis by inhibiting STAT3 activation in NPM-ALK-positive ALCL cells, Biochemical Pharmacology, 170:113666, 2019 

Yuki Uchihara, Tomoyuki Ohe, Tadahiko Mashino, Takayuki Kidokoro, Kenji Tago, Hiroomi Tamura, Megumi Funakoshi-Tago.
N-Acetyl cysteine prevents activities of STAT3 inhibitors, Stattic and BP-1-102 independently of its antioxidant properties, Pharmacological Reports, 71(6):1067-1078, 2019

~2018~ 

Yuki Uchihara, Kenji Tago, Hidetoshi Taguchi, Yuji Narukawa, Fumiyuki Kiuchi, Hiroomi Tamura, Megumi Funakoshi-Tago.
Taxodione induces apoptosis in BCR-ABL-positive cells through ROS generation, Biochemical Pharmacology, 154:357-372, 2018

Yuki Uchihara, Takayuki Kidokoro, Kenji Tago, Tadahiko Mashino, Hiroomi Tamura, Megumi Funakoshi-Tago.
A major component of vitamin E, α-tocopherol inhibits the anti-tumor activity of crizotinib against cells transformed by EML4-ALK, European Journal of Pharmacology, 825:1-9, 2018

~2017~

Yuki Uchihara, Fumihito Ueda, Kenji Tago, Yosuke Nakazawa, Tomoyuki Ohe, Tadahiko Mashino, Shigenobu Yokota, Tadashi Kasahara, Hiroomi Tamura, Megumi Funakoshi-Tago.
Alpha-tocopherol attenuates the anti-tumor activity of crizotinib against cells transformed by NPM-ALK, PLoS One, 12(8):e0183003, 2017

~2016~

Yuki Uchihara, Ken-ichiro Tanaka, Teita Asano, Fumiya Tamura, Tohru Mizushima.
Superoxide dismutase overexpression protects against glucocorticoid-induced depressive-like behavioral phenotypes in mice,
Biochemical and Biophysical Research Communications, 469(4):873-877, 2016

 

(2) 学術雑誌等又は商業誌における解説、総説

Yuki Uchihara, Kenji Tago, Megumi Funakoshi-Tago.
The mechanisms of taxodione-induced apoptosis in BCR-ABL-positive leukemia cells, 
Folia Pharmacologica Japonica, 153(4):147-154, 2019 (Review article)

 

(3) 国際会議における発表

Yuki Uchihara, Megumi Funakoshi-Tago, Kenji Tago, Yosuke Nakazawa, Fumihito Ueda, Hiroomi Tamura. “α-TOCOPHEROL ATTENUATES THE DRUG EFFICACY OF CRIZOTINIB AGAINST THE CELLULARTRANSFORMATION PROVOKED BY NPM-ALK IN ROS INDEPENDENT MANNER.” 38th The European Society for Clinical Nutrition and Metabolism congress, PT04.3, Copenhagen, 2016 (ポスター発表)

 

(4) 国内学会・シンポジウム等における発表

内原 脩貴, 多胡 めぐみ, 多胡 憲治, 田村 悦臣,「NPM-ALK発現細胞におけるEBP2を介した形質転換の分子機構の解析」, 第42回日本分子生物学会年会, 1P-0262, 福岡県, 2019年 (ポスター発表)

内原 脩貴, 多胡 めぐみ, 多胡 憲治, 田村 悦臣,「核小体に局在するNPM-ALKの機能解析」, 第92回日本生化学会大会, 3T18a-01, 3P-214, 神奈川県, 2019年 (口頭発表・ポスター発表)

内原 脩貴, 多胡 めぐみ, 多胡 憲治, 田村 悦臣,「NPM-ALK発現細胞におけるEBP2を介したp53の活性抑制機構の解析」, 第63回日本薬学会関東支部大会, I-08, 東京都, 2019年 (口頭発表)

内原 脩貴, 多胡 めぐみ, 多胡 憲治, 田村 悦臣,「核小体におけるEBP2を介したNPM-ALKの新規形質転換メカニズムの解析」, 2019年度日本生化学会関東支部例会, OL-05, P-49, 神奈川県, 2019年 (口頭発表・ポスター発表)

内原 脩貴,小森 麗子,大藏 晃,多胡 めぐみ,多胡 憲治, 田村 悦臣,「NPM-ALK発現細胞におけるメトトレキサートによるアポトーシス誘導機構」, 第139回日本薬学会年会, 21N-am04S, 神奈川県, 2019年 (口頭発表)

内原 脩貴, 多胡 めぐみ, 多胡 憲治, 田口 英俊, 成川 佑次, 木内 文之, 田村悦臣,「TaxodioneによるROSを介したBCR-ABL陽性がん細胞のアポトーシス誘導」, 第41回日本分子生物学会年会, 2P-0307, 神奈川県, 2018年 (ポスター発表)

内原 脩貴, 多胡 めぐみ, 多胡 憲治, 田村 悦臣,「核小体に局在するNPM-ALKの結合分子の同定」, 第91回日本生化学会大会, 3P-216, 京都府, 2018年 (ポスター発表)

内原 脩貴, 多胡 めぐみ, 多胡 憲治, 田村 悦臣,「NPM-ALKの細胞内局在制御機構の解析」, 2017年度生命科学系学会合同年次大会, 2P-0460, 兵庫県, 2017年 (ポスター発表)

内原 脩貴, 多胡 めぐみ, 田口 英俊, 成川 佑次, 木内 文之, 多胡 憲治, 田村 悦臣,「Taxodione によるBCR-ABL 発現細胞のアポトーシス誘導機構の解析」, 第16回次世代を担う若手ファーマ・バイオフォーラム2017, 1B1, 北海道, 2017年 (口頭発表)

内原 脩貴, 多胡 めぐみ, 中澤 洋介, 大江 知之, 多胡 憲治, 上田 史仁, 増野 匡彦, 田村 悦臣,「チロシンキナーゼ阻害剤の抗腫瘍活性に対するa-トコフェロールの効果」, 第39回日本分子生物学会年会, 3P-0746, 神奈川県, 2016年 (ポスター発表)

内原 脩貴, 四元 佑樹, 上田 史仁, 多胡 憲治, 多胡 めぐみ, 田村 悦臣,「慢性骨髄増殖性腫瘍に対するメトトレキサートの新しい作用機序」, 平成28年度日本生化学会大会, 2P-241, 宮城県, 2016年 (ポスター発表)

内原 脩貴, 多胡 めぐみ, 中澤 洋介, 上田 史仁, 大江 知之, 増野 匡彦, 田村 悦臣,「NPM-ALKによる形質転換に対するcrizotinibの抗腫瘍活性の分子機構」, 平成28年度日本生化学会関東支部例会, P-11, 栃木県, 2016年 (ポスター発表)

内原 脩貴, 横田 重信, 上田 史仁, 多胡 めぐみ, 田村 悦臣,「クリゾチニブによるNPM-ALK発現細胞のアポトーシス誘導機構の解析」, 第136回日本薬学会年会, 29AB-am162S, 神奈川県, 2016年(ポスター発表)

受賞

第92回日本生化学会大会・若手優秀発表賞
第63回日本薬学会関東支部大会・優秀発表賞
38th The European Society for Clinical Nutrition and Metabolism congress・Travel award
平成28年度日本生化学会関東支部例会・優秀ポスター賞

ページの先頭へ戻る