群馬大学 未来先端研究機構 > お知らせ一覧 > Research > 父親の子育てを支える神経回路の変化を明らかに (共同研究 ウイルスベクター開発研究センター)

お知らせ

父親の子育てを支える神経回路の変化を明らかに (共同研究 ウイルスベクター開発研究センター)

未来先端研究機構ウイルスベクター開発研究センター 平井宏和センター長と今野歩講師(医学系研究科 脳神経再生医学分野 所属)は、理化学研究所との共同研究でオキシトシン神経細胞に着目し研究を行い、養育行動を始める際にカギとなる脳神経回路の変化を明らかにしました。

研究の詳細につきましては

理化学研究所の記事(https://www.riken.jp/press/2022/20220420_1/index.html)をご覧ください。

2022420()上毛新聞の31面に掲載されました。

2022420()共同通信に掲載されました。

https://nordot.app/889191243570462720?c=39546741839462401

 

 ■Link

ウイルスベクター開発研究センター

理化学研究所

 

トップへ戻る